沖縄でおすすめの過払い金請求に強い事務所|選び方や口コミ&評判

沖縄でおすすめの過払い金請求に強い事務所|選び方や口コミ&評判

沖縄にお住まいで過払い金請求をしたいけど、どこの事務所に依頼してよいのかわからず、お悩みの方も多いと思います。沖縄に数多くある事務所の中から、過払い金請求に強くて安心して依頼できる法律事務所や司法書士事務所を見つけるのは難しいですよね。

過払い金請求は依頼する事務所によって、取り戻せる金額や戻ってくるまでの期間が変わってきます。依頼する事務所選びを失敗してしまうと本来取り戻せるはずの金額が大幅に減ってしまったり、手元にお金がなかなか戻ってきこなかったりするのです。

そこで、沖縄の法律事務所選びにお悩みの方のために、過払い金請求に強い司法書士事務所・弁護士事務所の選び方や、口コミや評判などをご紹介します。これを読んで1円でも多くの過払い金を取り戻してください。

沖縄で過払い金請求に強い弁護士事務所

日本弁護士連合会の資料(2015年)によると、全国の弁護士数は36,415人で、沖縄県は弁護士数ランキング全国第10位(総数248人、人口10万人あたり17.29人)です。過払い金請求を得意としている事務所は多くありますが、中でも過払い金請求で定評のある弁護士事務所を紹介します。

弁護士法人アディーレ法律事務所

アディーレ法律事務所の口コミ・評判

60代・男性

30代~40代にかけて、キャバクラやスナックの飲み代で総額500万円くらい借金をしてしまいました。20年以上も借りたり返したりの繰り返しをしていて、退職金で一括返済をしました。あるとき、ラジオCMで過払い金請求というものを知り、自分も過払い金があると思われたためアディーレへ依頼をしました。裁判をしてもらったので解決までに時間がかかり、もう少し連絡を密にして欲しかったが回収額には満足をしています。

アディーレ法律事務所のおすすめポイント

アディーレ法律事務所は、2004年10月に代表を務める石丸弁護士が設立した弁護士事務所です。全国に69の拠点を持ち所属する弁護士も150名を超える日本最大級の法律事務所です。

みなさん、テレビやラジオCMなどで1度は『アディーレ法律事務所』の名前を耳にした事がある事務所ではないでしょうか。これだけの規模で運営している法律事務所は少なく情報収集力、ネットワーク、各分野に精通している弁護士が揃っているので、もちろん、過払い金請求の交渉に必要なノウハウも蓄積されています。

アディーレ法律事務所の料金

費用 (完済した業者/1社あたり)初期費用 0円
基本費用 66,000円(税込み)
(返済中の業者/1社あたり)基本費用44,000円(税込み)※債権者から提訴されている場合は66,000円(税込み)
解決報酬 22,000円(税込み)
報酬金 回収した過払い金の22%(税込み)
訴訟ː回収した過払い金の27.5%(税込み)
※返済中の場合は減額または免除できた金額の11%(税込み)

事務所詳細

(那覇支店) 住所 沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ4F 電話 0120-316-742 営業時間 朝10時~夜10時まで HP https://www.adire.jp/

アディーレの口コミ・評判をcheck

弁護士法人TKY法律事務所

TKY法律事務所の口コミ・評判

50代・女性

過払い金請求の電話相談やメール相談が無料の事務所に依頼しました。電話相談をしたところ、かなりの金額が返ってくることがわかったので、依頼をしました。賛否両論がありますが、私の場合は結果的に相当額が請求で戻ってきたので良かったです。

TKY法律事務所のおおすすめポイント

弁護士法人TKY法律事務所(那覇オフィス)は、沖縄県那覇市の中心地であるパレットくもじ前交差点(沖縄県庁前交差点)より徒歩3分の場所にあります。

各分野に強い弁護士が所属していて、個人の方の離婚・相続・借金問題(債務整理・個人再生・破産事件)・交通事故・民事事件・刑事事件や企業法務など、様々な分野の相談ができる弁護士事務所です。

最近は、借金問題については無料で相談を受け付けている弁護士事務所が多いですが、TKY法律事務所は法律事務所の敷居をできるだけ低くするために、借金問題に限らず、初回の相談を無料としていて地域密着型に力を入れています。

TKY法律事務所の料金

着手金 1社あたり2万8000円(税別)
※完済している業者に過払金の返還請求をする場合は、着手金は不要です。
報酬金 0円
過払金を回収した場合には、取り戻した分の20%(税別)

事務所詳細

住所 沖縄県那覇市松尾1丁目19番27号 ミルコ那覇ビル5階 電話 098-917-4475 営業時間 平日午前9:30~午後5:00 HP http://www.tky-okinawa.com/

南山法律事務所

南山法律事務所の口コミ・評判

40代・女性

私は20代前半から借入をしていて、最近は返済が遅れがちになっていたのでパニック状態で相談に行きました。先生は、私の話を優しく親身になって聞いてくださり、過払い金で借金がなくなるかもとも言ってくださいました。実際、お願いして3ヶ月後くらいに借金が0になったと連絡をもらい借金地獄から抜け出せたことでとても気持ちが晴れました。勇気をだして相談に行ってみて良かったです。

南山法律事務所のおすすめポイント

南山法律事務所は、「弁護士の過疎問題」に取り組んできた経験を活かし、この地域に困ったときにいつでも相談できる環境をつくりたいという思いで、これまでなかった沖縄本島南部に弁護士事務所を設立しました。

代表の小口 幸人弁護士は東京生まれの東京育ちですが、2007年9月に司法試験に合格したあと東京・岩手・沖縄と様々な地で弁護士の経験を積んできました。

岩手県宮古市では年間300件以上の相談を受けるとともに、借金、離婚、相続はもちろん、企業倒産や重大な刑事事件まで、多くの事件を解決した実績がありますので、過払い金請求をはじめあらゆる法律関係の相談をできる弁護士です。

南山法律事務所の料金

着手金 1社あたり 2万円~10万円(原則2万円)
報酬金 過払い金は回収額の20%(減額報酬なし)

事務所詳細

住所 沖縄県八重瀬町伊覇291-1 電話 098-996-1564 営業時間  HP https://www.nanzanlaw.com/fee

沖縄で過払い金請求に強い司法書士事務所

過払い金請求の金額が140万円を超えない場合、司法書士事務所に依頼する方法もあります。過払い金請求で弁護士よりも高い実績を上げている司法書士事務所もありますので、過払い金の金額が140万円を超えない場合は司法書士事務所に相談するのもよいでしょう。

司法書士法人杉山事務所

杉山事務所の口コミ・評判

60代・女性

夫が亡くなり遺品の整理をしていたところアコムのカードと明細書が出てきてビックリして息子に相談したところ、杉山事務所さんに相談するよう勧められました。こういった相談をするのは初めてな事なので何から話をしたらよいか戸惑っていたら、司法書士の先生が優しくいろいろと質問をしてくださり、安心して答えることができました。年金生活なので今後の返済が不安でしたが、過払い金を取り戻していただけたので今後の生活への不安もなくなりました。

杉山事務所のおすすめポイント

司法書士法人杉山事務所は大阪(主たる事務所)・東京・名古屋・福岡・広島・岡山・仙台・札幌の全国8か所に事務所を構えている大手の司法書士事務所です。

過払い金の実績については、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績で、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンド誌で『消費者金融が恐れる事務所』として選出されました。

過払い金請求市場が衰退してきたと言われる今でも、過払い金請求の相談実績は月に3000件以上、過払い金請求総額は毎月5億円以上という驚異的な実績を誇っています。

杉山事務所の料金

着手金 無料
過払い金報酬 返還額の22%~

事務所詳細

(福岡事務所) 住所 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-1 アーバンネット博多5F 電話 0120-065-039 営業時間 9:00~19:00 HP http://sugiyama-kabaraikin.com/

杉山事務所の口コミ・評判をcheck

 

さくがわ司法書士事務所

さくがわ司法書士事務所の料金

着手金 無料
※ただし、調査に使用する切手・通信費等の実費分として、1社につき1000円頂戴します。
過払い金報酬 20%※最低3万円
減額報酬 10%※最低2万円

事務所詳細

住所 沖縄県島尻郡南風原町字兼城683番地12 仲里ビル3-A 電話 098-889-8831 営業時間 9:00~18:00(土日祝のぞく) HP http://www.sakugawa-office.jp/index.html

司法書士法人匠事務所

司法書士法人匠事務所の料金

着手金 無料
※切手等の実費分として,債権者1社につき1000円をお預かりしています。
過払い金報酬 回収額の20%(税別)
※例外あり。経済的利益の10%になる場合あり。

事務所詳細

住所 沖縄県那覇市楚辺一丁目5番17号 プロフェスビル那覇4階 電話 098-833-6461 営業時間 8:30~17:30 HP http://www.e-takumi.or.jp/

事務所選びで失敗しない、過払い金請求に強い事務所のポイント

過払い金請求を取り扱っている司法書士事務所・弁護士事務所は数多くありますので、どの事務所を選ぶか迷ったときは、まずは無料相談をしてみるのが一番です。

【事務所選びのポイント】

1.信頼できる事務所か? 2.過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か? 3.過払い金請求の実績は豊富か? 4.業務の流れや費用を説明してくれるか? 5.過払い金請求訴訟を提案してくれるか? 6.良い評判や良い口コミが多いか?

1.信頼できる事務所か?

多くの事務所は電話口で過払い金請求の無料相談を受け付けしています。まずは、無料相談だけでもこちらの話をじっくりと聞いてくれて、質問にも的を得た回答をしてくれる、親切で丁寧な対応の事務所かどうか確認しましょう。

事務所によっては、上から目線の対応やぶっきらぼうな対応、説明が不十分なうえに営業をガンガンしてくる事務所があります。そういった事務所がのちのちトラブルが発生する可能性がありますので注意してください。

2.過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か?

司法書士事務所・弁護士事務所は、様々な種類があり得意とする分野や不得意とする分野があります。過払い金請求・債務整理事件の解決には事務所の交渉力が大きく関係しますので、過払い金請求・債務整理を専門としている事務所を選びましょう。

貸金業者は過払い金を返還したくないので、交渉窓口には過払い金請求の知識が豊富な担当を配置して徹底的に争ってきます。専門でない事務所が対応をすると、貸金業者の交渉に言いなりになってしまい返還金額が大きく減額されます。

過払い金請求を専門としている事務所は、貸金業者が主張する争点にも対抗できる知識や交渉力を持っています。より多くの過払い金請求を取り戻しすためには、過払い金請求を専門にしている事務所を選ぶと良いでしょう。

また、事務所の交渉力を確認するためには、無料相談の際に依頼する貸金業者の回収率を聞いてください。できれば、実際に和解交渉をしている担当者に聞いた方が良いです。

なぜかと言いますと、特に大手の事務所は業務効率化のために分業制にしています。事務所の印象を良くして受任件数を増やすために、相談業務については、ハキハキとした明るい人材を配置しています。

しかし、実際に過払い金請求の交渉をするのは、交渉担当者です。この交渉担当者が弱気な人であれば、カード会社の強気の姿勢に負けてしまい回収金が減ってしまいます。自分の過払い金請求を安心して任せられる人かどうかを知るために、交渉担当者から直接話を聞くと良いでしょう。

3.過払い金請求の実績は豊富か?

過払い金請求の実績はどのくらいあるのかという事も重要なポイントです。過払い金請求の実績が多ければ多いほど、「貸金業者との交渉」を多くこなしています。

貸金業者との交渉を多くこなしている事務所は、各貸金業者との交渉のノウハウや知識も豊富にあると言えます。そのため、より多くの過払い金の返還が期待できます。過払い金請求の交渉実績はホームページなどで公開している事務所が多いです。

ホームページに実績がのっていない場合は、過払い金請求を得意としていない事務所だったり、過払い金請求の交渉実績が少ない事務所の可能性が高いので注意が必要です。

4.業務の流れや費用を説明してくれるか?

過払い金請求の相談をした際に、業務の流れや費用の説明が不十分なままに取り敢えず契約を促してくる事務所があります。そういった事務所は、事件の処理を放置したり、費用を思った以上に取られたりとのちのちトラブルが発生しますので注意をしてください。

費用の基本料・成功報酬料・実費の設定は事務所によって違います。契約前にきちんと業務の流れが理解でき、過払い金請求にかかる費用の内容に納得できてから契約すると後のトラブルは防げます。

5.過払い金請求訴訟を提案してくれるか?

過払い金請求が増えたことにより年々、貸金業者の経営状態は悪化しています。過払い金請求が原因で破綻した貸金業者も数多くあります。そのため、近年、任意交渉ではなかなか過払い金を取り戻すことが難しくなっています。依頼者の事を考え過払い金をより多く取り戻すために過払い金請求訴訟を前提に受任してくれる事務所か確認しましょう。

しかし、訴訟提起をすると追加で費用がかかったり、解決までに時間がかかったりするケースがあります。貸金業者の傾向をしっかりと把握して訴訟を起こすメリット・デメリットを説明してくれる事務所を選ぶとよいでしょう。

6.良い評判や良い口コミが多いか?

『過払い金請求を専門としている事務所』『過払い金請求の実績が豊富』な事務所は数多くありますので、この中から相談する事務所を選択するときに事務所の評判や口コミを参考にすると良いでしょう。

しかし、評判や口コミはあくまでも相談する事務所を選択する判断材料の一つにするべきです。

なぜならば、評判や口コミが良い事務所は依頼者の満足度が高いので過払い金請求に強い事務所である期待が高まりますが、評判や口コミは人それぞれです。ネットの書き込みだけで判断するのではなく、実際に無料相談をしてみて「費用や流れをわかりやすく説明してくれるか?」「質問に対して丁寧に答えてくれるか?」「対応は良いか?」などを確認されることをおすすめします。

悪徳業者・悪徳事務所について詳しくチェック

悪徳団体・悪徳事務所に注意!過払い金請求の詐欺トラブル

沖縄のこんな事務所には気をつけて!

過払い金請求ができる司法書士事務所や弁護士事務所は沖縄県内に数多くありますが、中には悪徳な事務所もあります。悪徳な事務所に騙されないように、ここでは悪徳な事務所の手口や特徴を紹介します。

戻ってくる過払い金の金額が少ない

業者と交渉をせずに和解をする事務所

過払い金請を1円でも多く取り戻すには業者との交渉が重要となってきます。業者は過払い金を返還したくないので、なかなか満額返還に応じず返還する金額を値切ってきます。何度か交渉を繰り返すことで取り戻せる過払い金の金額が変わるので、事務所の交渉力で金額が大きく変わってきます

悪徳な事務所の場合は、交渉を一切せずに業者の言いなりの金額で早々に和解をしますので、依頼者は交渉力の強い事務所と比べて過払い金の返還金が少なくなってしまい損をしてしまいます。

返還された過払い金を着服する事務所

実際に取り戻した過払い金の金額を少なく申告したり、和解できなかったと申告して返還された過払い金を着服する悪徳な事務所もあります。過払い金が返還されたら和解書の確認と費用明細を確認して、適正な金額が自分の手元に戻ってきたか確認するようにしましょう。

都合の良い業者しか手続しない事務所

借金を返済中に過払い金請求をする場合、悪徳な事務所は過払い金が発生する業者だけを手続きして、過払い金が発生しない業者は放置をします。また、返還率の低い業者については、報酬割合が少なくなるので最初から受任を断る傾向があります。

過払い金の発生金額が少ない業者は放置をする事務所

引き直し計算をした結果、発生した過払い金が少なかった場合、過払い金が多く発生して報酬を多く得られる案件から優先的に交渉を発生した過払い金が少ない案件は放置をする悪徳な事務所があります。

放置されていることを知らずにそのままにしておくと時効が成立してしまったり、業者の返還率が下がってしまい、戻ってくる過払い金が減ってしまう可能性があります。

自分は放置をされているのではと感じた方はすぐに事務所に交渉の進捗を確認するようにしましょう。もしも、そこで放置されていると感じたなら、和解成立前であれば他の事務所に相談し直すことも可能です。

費用が相場よりもはるかに高い事務所

司法書士や弁護士に過払い金請求の手続きを依頼する場合には、手数料を支払う必要があります。

この手数料は弁護士会・司法書士会のガイドラインで規定されていますが、あくまでも努力義務でガイドラインを逸脱したからといって違法にはならないので、依頼する事務所によっては料金がガイドラインで定められている金額よりもはるかに高い金額で設定されている場合があります。

債務整理事件における報酬に関する指針(平成28年4月27日改正) 

引用元:日本司法書士会連合会

債務整理事件処理の規律を定める規程 (平成27年12月4日改正)

引用元:日本弁護士連合会

着手金

着手金とは、解決するかどうかに関わらず依頼したときにかかる費用です。

着手金の相場は1社あたり1万円~2万円程度で、過払い金請求の場合は着手金がかかるという事務所は少ないです。

着手金が必要な事務所の場合は、着手金の支払いが完了してから手続きをスタートします。過払い金が戻ってこないという結果になっても着手金は返還されることはありません。

基本報酬

基本報酬とは、過払い金の調査や計算、貸金業者との交渉にかかる手数料のことです。

1社あたり2万円~3万円程度で、弁護士の場合は着手金+基本報酬+解決報酬を含めて5万円以内と決められているので、着手金を設定しない代わりに基本報酬を高めに設定している事務所もあります。

成功報酬

回収できた過払い金に対して、決められた割合だけ算出する報酬です。日弁連や日司連では指針を定めていて、任意交渉で和解が成立した場合の成功報酬の上限は20%、訴訟を起こして過払い金を取り戻した場合の成功報酬の上限は25%です。

過払い金請求・債務整理の費用について詳しくチェック

過払い金請求・債務整理を依頼する前に知っておくべき費用の相場と注意点

過払い金請求が多い沖縄県について

沖縄県(おきなわけん)は、日本で最も西に位置する県であり、沖縄本島・宮古島・石垣島など多くの島々から構成されています。県庁所在地は那覇市です。

薩南諸島を除く南西諸島の島々(沖縄諸島・先島諸島・大東諸島)から構成されており、東シナ海と太平洋に挟まれています。面積は2,281㎢と香川県・大阪府・東京都に次いで小さく、また人の居住する日本最南端の地域を含む県でもあります。

県民の約9割が沖縄本島に集中しており、行政上、沖縄本島とそれ以外の離島とに分けられる場合があります。

ほぼ全域が亜熱帯気候であり、一部は熱帯に属しています。年間を通して温暖な気候であり、最高気温と最低気温の差も小さく、標高の高い山も存在しないため氷点下になることもないです。

海上輸送路(シーレーン)および軍事的要地(第一列島線)として重要な場所に位置し、多数の在日米軍基地が存在しています。主な米軍施設として、嘉手納飛行場・普天間飛行場・キャンプ・バトラー等が存在しています。

同県与那国島は日本最西端の領土であり、八重山郡与那国町は日本の最西端の地方自治体です。また正確な日本の東西南北の最端部の中で唯一自由に訪れることができる場所です。

尖閣諸島は同県石垣市に属しており日本が実効支配しているが、中華人民共和国および中華民国(台湾)は尖閣諸島(あるいは沖縄県全土)の領有権を主張しています。

同地にはかつて三山を統一した尚巴志により建国された琉球王国が存在し、明国や清国に朝貢し冊封を受けていました。1609年(慶長14年)に薩摩藩の侵攻を受け尚寧王は降伏し、当時王国の領土であった奄美群島は薩摩藩に割譲、王府は薩摩藩の影響下におかれていました。以来、琉球王国は日本側の薩摩藩と清国に『両属』する曖昧な国際的地位となっていたが、鎖国体制下の両国の中継貿易地としての役割を担い、交易を通じて独自の文化を保っていました。

近代に入り日本で明治維新がおこり開国したことを受け清国と日本との間に外交関係が樹立されると中央集権国家の確立を急ぐ明治政府により琉球王国は日本本土と併合され琉球藩、後に廃藩置県で沖縄県となり450年間続いた琉球王国は名実共に消滅しました。清国は日本の一方的な処分に抗議するなど帰属問題は尾を引いていたが、後に日清戦争で日本が勝利したことにより沖縄の領有権が最終的に確定しました。琉球王国時代の城跡遺跡は『琉球王国のグスク及び関連遺産群』としてユネスコの世界遺産に登録されています。

1945年(昭和20年)、第二次世界大戦では『唯一の地上戦』と呼ばれる沖縄戦の戦場となりました。米軍は4月1日に沖縄本島の読谷村の海岸に上陸し、瞬く間に北半分を制圧、米軍の総攻撃を受け次第に日本軍は南部に追い込まれ、総司令部が置かれていた首里城も焼け落ちました。6月23日には沖縄守備軍最高指揮官の牛島満中将らが摩文仁で自決したことで組織的戦闘は終結しました。約3カ月に及ぶ激戦により県民の4人に1人が犠牲になり土地も荒廃しました。現在、摩文仁は沖縄戦跡国定公園に指定されており、6月23日は慰霊の日として沖縄県の休日となっています。

戦後、南西諸島は米軍の占領下におかれ、沖縄県は一旦消滅しました(アメリカ合衆国による沖縄統治)。米軍主導のもと新たに『琉球政府』が誕生、基地建設のため集落や農地を大規模に接収し、右側通行の道路を整備し、通貨としてB円、後に米ドルを使用させ、日本本土への渡航にパスポートが必要になるなど、米国流のやり方で戦後復興が進められていきました。1952年(昭和27年)に本土が主権回復した後も引き続き沖縄は米軍の統治下におかれました。

1950年代以降になると朝鮮戦争やベトナム戦争が勃発し、沖縄は米軍の前線補給基地として重要度を増し、数多くの米軍人が駐留、B-52等の戦略爆撃機や枯葉剤や核兵器といった大量破壊兵器も多数配備され、ベトナムからは『悪魔の島』と恐れられていました。経済は基地に大きく依存していた一方で、当時ドル高円安の固定相場制の影響もあり物価は安く生活は安定しており、人口は終戦直後の約50万人から本土に復帰する直前にはほぼ倍になるまで増加しました。

しかし米軍による強権的・差別的な施政に島民は強い反感を抱き、本土への復帰を求める大規模な反基地運動が各地で展開されていきました(島ぐるみ闘争)。1971年(昭和46年)に佐藤栄作首相とリチャード・ニクソン大統領との間で沖縄返還協定が締結され、翌1972年(昭和47年)に沖縄は日本に返還され沖縄県が復活しました。米軍統治時代から続く基地問題や不発弾の問題、日米地位協定の問題は当県の主要な政治課題となっています。

歴史的経緯・文化・風習・習慣・人名・方言・経済・制度的にも本土のそれとは大きく異なり、俗に県外のことを「内地(ナイチ)」、県民以外の人を「内地人(ナイチャー)」と呼び分ける場合があります。

日本屈指のリゾート地であり、歴史文化・沖縄料理・レジャー・マリンスポーツ・戦争遺跡などを強みに観光分野に特に力を入れており、観光業を含む第三次産業が79.2%を占めている一方で第一次産業は5.4%、第二次産業は15.4%と非常に低いです。

また格闘技界においては空手の発祥の地として世界的に有名であり、多数の外国人門下生が県内の道場に入門し稽古しています。

沖縄県の市区町村は、那覇市、名護市、沖縄市、うるま市、宜野湾市、浦添市、豊見城市、糸満市、南城市、宮古島市、石垣市、国頭郡本部町、国頭郡金武町、中頭郡北谷町、中頭郡嘉手納町、中頭郡西原町、島尻郡与那原町、島尻郡南風原町、島尻郡八重瀬町、島尻郡久米島町、八重山郡竹富町、八重山郡与那国町、国頭郡国頭村、国頭郡大宜味村、国頭郡今帰仁村、国頭郡恩納村、国頭郡宜野座村、国頭郡東村、国頭郡伊江村、島尻郡伊平屋村、島尻郡伊是名村、中頭郡読谷村、中頭郡北中城村、中頭郡中城村、島尻郡渡嘉敷村、島尻郡座間味村、島尻郡粟国村、島尻郡渡名喜村、島尻郡北大東村、島尻郡南大東村、宮古郡多良間村があり各地域から過払い金請求ができます。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

司法書士法人杉山事務所
過払い金の着手金が0円!

杉山事務所

週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO.1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金があるかわかるメール相談のみの利用もOK!

フリーダイヤル 0120-066-018
お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 過払い金の着手金:0円
相談実績:3000件/月
家族にバレない匿名診断
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

みどり法務事務所
相談は何度でも無料

司法書士法人みどり法務事務所

東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

フリーダイヤル 0120-837-032
お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 過払い金返還実績:90億円
相談実績:月500件
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

年末年始や祝日に関係なく、1年間365日24時間いつでもメールまたは電話での相談ができるのは最大の特徴。深夜でも土日でも対応可能です。また、債務整理専属のスタッフ60名がフルサポートする体制を整えていますので、依頼後のちょっとした不安や悩みも相談しやすい環境が整っています。

お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 相談実績:24万件以上
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

借金減額診断!
リスクなしで借金を減らせるか診断

減額診断

司法書士法人みつ葉グループが運営する国が認めた借金減額方法!年中無休365日、家族にばれずに診断可能!借金問題解決のプロが親身に対応。

借金減額診断 診断はこちら
特徴 診断料:0円
女性相談員対応可能
24時間受付対応
診断料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

コメントを残す

page top