【鹿児島で債務整理をするなら】借金問題に強い法律事務所・司法書士事務所の口コミと評判

【鹿児島で債務整理をするなら】借金問題に強い法律事務所・司法書士事務所の口コミと評判

現在、借金問題で頭を抱えている方必見!鹿児島県にはたくさんの法律事務所・司法書士事務所があって、どこの事務所に債務整理の相談をするか迷っている方も多いと思います。県内の数多くある事務所の中から安心して債務整理を相談できる事務所を選ぶのは難しいですよね。鹿児島県内の債務整理に強い法律事務所・司法書士事務所、事務所選びのポイント・口コミや評判などを紹介します。これを読めば、不安なく借金問題解決への道がひらけます。

鹿児島県の事務所選びで失敗しない3つのポイント

これから債務整理の相談をしようと考えているけど、「どこの事務所も同じでしょう」と考えている方はいらっしゃいませんか?それは、間違いです。事務所によって得意分野があったり、料金も異なります。実際に、事務所選びを失敗した方からは「最初に聞いていたよりも多く報酬を請求された」、「債務整理依頼後に連絡がない」などの声を聞きます。

事務所選びに失敗ために3つのポイントを確認してください。

1.土日も無料相談を受付しているか?

多くの弁護士事務所・司法書士事務所の営業時間は、平日の18時前後で終了して、夜間や土日は休みという事務所が多いです。しかし、平日の昼間に仕事をしている方の場合、平日の18時までに事務所まで行ける方は少ないはずです。

18時以降の夜間に営業をしているか、土日も営業しているか確認をしましょう。

忙しくて面談時間がなかなか取れない方は、事前にネットや電話で相談できるかも確認しましょう。予め、ネットや電話で相談をしていると、事務所に来所してからの面談時間を短縮できる可能性があります。

また、相談をするときは無料相談は何回までかを確認する必要もあります。事務所によっては、「30分5000円」「初回無料・2回目以降3000円」という料金設定の事務所もあります。

債務整理にはデメリットがあったり、人生の再スタートということもあり、即決できない方がいると思います。そんな方は「相談は何度でも無料」という事務所に相談するとよいでしょう。

2.債務整理の実績が豊富か?

「自宅の最寄り駅に近いから」「ネットで上位に出てきたから」という理由だけで選んでは危険です。債務整理を得意としない事務所に依頼してしまうと、返済額を減額することができなかったり、今後の債務の支払いについて利息を付加されたりする可能性があります。

債務整理の相談をするときに、「交渉によって返済額がどのくらい減額できるか」「利息はカットできるのか」を確認してください。

3.債務整理費用が明瞭か?

現在、弁護士・司法書士の報酬金は自由化されています。しかし、任意整理と過払い金請求に関してだけは、弁護士会・司法書士会が報酬のトラブルを防ぐために、報酬に関する指針を定めていますが、これはあくまでも「指針」なので事務所によって報酬は大きく異なります。そのため、債務整理を依頼する前におおよその相場を相場を知っておくと良いでしょう。

相談料

債務整理や過払い金請求を依頼する前の相談段階で発生する料金です。「相談料は無料」としている事務所も多いが、「30分5000円」「初回無料・2回目以降3000円」という料金設定の事務所もあります。

着手金

正式に債務整理・過払い金請求を依頼することを決めて、委任契約を締結したときに最初に発生する費用。解決できるかできないかに関わらず発生します。事務所によっては、分割で支払い可能な場合もあります。1債権者あたり3~5万円が相場です。

報酬金

債務整理や過払い金請求が成功したときに、1債権者あたり〇円という形で発生する解決報酬。任意整理の場合は、原則として1債権者あたり2万円以下までと決められています。

減額報酬

任意整理で実際に減額することが出来た金額に対して、発生する費用です。任意整理の場合は上限が10%と定められています。

鹿児島県で債務整理が得意な弁護士・司法書士事務所

鹿児島あおぞら法律事務所

事務所詳細

住所 鹿児島県鹿児島市船津町5-23 電話 099-295-6665 営業時間 9:00~18:00 URL http://www.kagoshimabengoshi.com/

料金

任意整理  30,000円/1社+減額報酬10% 過払い金請求 30,000円/1社+回収額の20% 自己破産 25万円~ 個人再生 35万円~

弁護士法人アディーレ法律事務所

事務所詳細

住所 (鹿児島支店)鹿児島県鹿児島市中央町11 鹿児島中央ターミナルビル3F 電話 0120-316-742 営業時間 10:00~22:00 URL https://www.adire.jp/

料金

任意整理 着手金43,200円/1社+減額金額の10.8% 過払い金請求 着手金43,200円/1社+返還金額の21.6%(訴訟時は27%) 自己破産 着手金291,600円~+その他費用30,000円~ 個人再生 着手金410,400円~+その他費用30,000円~

中央駅一番街司法書士事務所

事務所詳細

住所 鹿児島県鹿児島市中央町19番1号 さくらビルディング2階 電話 099-806-0707 営業時間 9:00~18:00 URL http://1bangai-office.jp/

料金

任意整理 30,000円/1社+減額報酬5% 過払い金請求 回収額の20% 自己破産 15万円~ 個人再生 30万円~

司法書士法人杉山事務所

事務所詳細

住所 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-1 アーバンネット博多5F 電話 0120-153-467 営業時間 9:00~19:00 URL http://www.sugiyama-saimu.com/‎

料金

任意整理 報酬金50,000円(税抜)+返還金額の20%~(税抜) 過払い金請求 返還金額の20%~(税抜) 自己破産 250,000円~(税抜) 個人再生 住宅資金特別条項なし/300,000円(税抜) +約3万円(予納金)       住宅資金特別条項あり/350,000円(税抜) +約3万円(予納金)

鹿児島県で債務整理した人の口コミ・評判

鹿児島県・鹿児島市 43歳 男性

父が脳梗塞で倒れ救急搬送されて家中バタバタしている中にカード会社より督促の電話がかかってきました。そこで、父がクレジットカードで多額の借金をしていることが判明し家族全員でこの借金をどうするか話し合っていると、義弟が過払い金請求を教えてくれました。半信半疑で司法書士事務所に相談してみると返済期間が長いので過払い金が戻ってくるかも言ってくださり、半年後に借金は0になって過払い金が戻ってきました。過払い金のお陰で父の入院費も支払いができました。

鹿児島県・霧島市 35歳 女性

何年も前にスーパーでポイントが付くからとクレジット機能付きの会員カードを申し込みしました。最初の数年はクレジット機能は使わずに買い物をしたときのポイントカードとして利用していましたが、徐々にクレジット機能も使うようになり・・・気づいたらキャッシングにまで手を出してしまいました。夫には内緒でずっと支払いをしては借りてを繰り返していましたが、とうとう返済に行き詰ってしまったので家族に内緒で債務整理ができるという法律事務所に相談しました。将来利息カットの交渉と返済金額減額の交渉をしてくださったお陰で夫に内緒で返済を継続できています。

債務整理とはー借金を解決するための4つの方法とデメリットー

任意整理とは

任意整理とは、裁判所などの公的機関を通さずに、債権者(カード会社など)と交渉をして借金の返済額や将来利息を減額してもらう手続きです。

過去に制限法以上の金利(15%~20%)で返済していた場合は、払い過ぎの利息が発生してい過払い金で借金が減額になります。また、借金の残高よりも払い過ぎの利息が大きければ、借金はなくなり過払い金が戻ってくる可能性があります。

自己破産よりも利用しやすく、手続きに制限も少ないため、一番利用されることが多い債務整理の手続きです。債権者に直接交渉して利息や毎月の返済額を減額してもらうことで、自己破産をせずに借金返済の負担を減らすことができます。

参照:【早く借金を返したい人必見!賢い借金の返済方法】『任意整理』について知ろう!

こんな人に任意整理がおすすめ

  • 住宅ローンを返済中で債務整理がしたい
  • 車のローンなど一部の債権者を除いて債務整理がしたい
  • 借金は自分の力で返済したい
  • 取引年数が長い

任意整理のデメリット

①カードが利用できなくなる

任意整理をすると、ブラックリスト(信用情報機関)に「債務整理をした」という情報が登録されます。ブラックリストに情報が登録されると5~7年間残ります。その間は、クレジットカードの利用ができなくなったり、新たに借金やローンを組むことができなくなります。

②債権者との交渉が成立しないと手続きが終了しない

減額後の借金の返済方法について、債権者と取り決めを行いますが、返済期間は3年(最長で5年まで)となっています。債権者が返済計画を承諾しないと交渉は成立しないので、必ず借金の減額・返済方法の負担が軽減される保証はありません。

③他の債務整理と比べると借金減額の可能性が低い

返済期間で完済できるだけの支払い能力が必要になりますが、個人再生と比べ大幅に借金が減額されるわけではないため、他の債務整理と比べるとより高い支払い能力が必要です。

任意整理のメリット

  • 司法書士、弁護士に依頼すると債権者からの督促がストップする
  • 過払い金が発生していたら取り戻せる可能性がある
  • 住宅ローンや車のローンなどの特定の債権者を除いて手続きが可能
  • 自己破産のように財産を処分する必要がない
  • 裁判所に行かなくても手続きができる

自己破産とは

自己破産とは、裁判所から借金(債務)を免責してもらうことができれば、借金の支払い義務を免除してもらえる(借金をチャラにしてもらえる)手続きのことです。

自己破産は債務整理の中でも最終手段の方法で、借金の返済が免除される分、裁判所での手続きも厳しく誰でも自己破産ができるというわけではありません。

参照:【早く借金を返したい人必見!賢い借金の返済方法】「自己破産」とはなに? 参照:【早く借金を返したい人必見!賢い借金の返済方法】自己破産の流れは?

こんな人に自己破産がおすすめ

  • 他の債務整理の方法では解決できない
  • 不動産などの高価な財産を所有していない
  • 借り入れ理由がギャンブルなどの免責不許可事由に該当しない

自己破産のデメリット

①カードが利用できなくなる

自己破産をすると、ブラックリスト(信用情報機関)に「債務整理をした」という情報が登録されます。ブラックリストに情報が登録されると5~7年間残ります。その間は、クレジットカードの利用ができなくなったり、新たに借金やローンを組むことができなくなります。

②職業に制限がかかる

自己破産の手続きが始まると免責許可の決定が確定するまでの間、一部の職業には就けません。制限がかかる主な職業は、弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士などの士業、質屋、古物商、生命保険外交員、宅地建物取引主任者、警備員などです。この期間は仕事に就くことができませんが、免責の許可が決定すれば復職することは可能です。

③官報に載る

自己破産を申し立てすると官報(国が発行する新聞)に合計3回、住所・名前が載ります。しかし、官報に目を通している人は少ないので知人や会社にバレる心配はほとんどないと思います。

④財産没収の可能性がある

自己破産の場合、所有する貯金や所有物が資産と見なされた場合、資産は管財人に没収されて処理されます。

資産と見なされる例(資産として見なされる基準は裁判所によって異なります)

  • 現金にして99万円を超える場合
  • 預貯金残高が20万円を超える場合
  • 不動産(ローン残高が2倍に満たない評価額の場合)
  • 退職金(見込み額が160万円を超えた場合)
  • 保険の解約返戻金が20万円を超える場合

自己破産のメリット

①すべての債務の支払い義務が免除される

免責が確定した段階で借金の返済義務は免除されるため、もしもお給料を差し押さえられていた場合は、差し押さえが解除されます。しかし、税金、養育費、罰金、損害賠償金などは、免責が確定しても支払い義務は残ります。

②必要最低限の財産は残すことができる

自己破産では財産が没収されますが、自己破産手続きが完了した後に生活するために、一定の財産は残すことができます。

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に申し立てをして、借金の額を減らして生活を立て直す手続きです。

借金総額の1/5か、100万円の額の大きい方を原則3年で返済します。3年間、滞りなく返済すれば残りの借金の返済は免除されます。すなわち、借金総額4/5は減額される手続きです。

自己破産と比較すると、職業や借入事由に制限がなく、住宅ローンも維持しながら借金の減額ができます。

参照:【早く借金を返したい人必見!賢い借金の返済方法】マイホームを守りながら、借金が整理できた! 参照:【早く借金を返したい人必見!賢い借金の返済方法】ローン中でもマイホームを手放さずに債務整理できる住宅ローン特則

こんな人に個人再生がおすすめ

  • マイホームは残して、住宅ローンを返済しながら債務整理がしたい
  • 任意整理での支払いは厳しいが、自己破産は考えていない
  • 定期的な安定した収入がある
  • 自己破産では免責がおりない

個人再生のデメリット

①カードが利用できなくなる

個人再生をすると、ブラックリスト(信用情報機関)に「債務整理をした」という情報が登録されます。ブラックリストに情報が登録されると5~7年間残ります。その間は、クレジットカードの利用ができなくなったり、新たに借金やローンを組むことができなくなります。

②官報に載る

個人再生を申し立てすると官報(国が発行する新聞)に合計3回、住所・名前が載ります。しかし、官報に目を通している人は少ないので知人や会社にバレる心配はほとんどないと思います。

②誰でも利用ができる手続きではない

個人再生を利用する条件として「返済能力があること」と「借金総額が5000万円以下」という条件があります。そのため、定職に就いて一定の収入を得ている人で3年以内の返済が可能であることが求められます。現在、失業中の場合は個人再生を利用することが難しいです。

特定調停とは

特定調停は、裁判所の調停委員に仲裁してもらって債権者と金利の見直しや返済額の減額を交渉して、3~5年間で借金の返済を終わらせる返済計画を立てる手続きです。

特定調停は、任意整理と同じような手続きですが、任意整理と比べて費用を大幅に節約できます。しか司法書士や弁護士に依頼して任意整理をする場合は、依頼後は全て専門家に任せることができますが、特定調停は資料を全て自分で集めたり裁判所へ行ったりする必要がありますので、自分で資料を集めたり平日に裁判所へ行ったりすることが出来ない方は専門家に任せた方が良いでしょう。

こんな人に特定調停がおすすめ

  • 専門家に支払う費用を節約したい
  • 専門家に債務整理を断られた
  • 平日の昼間に裁判所へ行けない

債務整理の手続きが多い鹿児島県について

鹿児島県(かごしまけん)は、九州地方南部に位置する日本の都道府県です。九州島の南側には離島(薩南諸島)が点在しています。九州島の部分は県本土と表現され、2つの半島(薩摩半島・大隅半島)を有しています。南北の距離は600km、海岸線は2,722kmに及びます。県庁所在地は鹿児島市です。

世界遺産の屋久島や、種子島宇宙センター、霧島山、桜島などがあり、自然・文化・観光・産業などの面において、豊富な資源を有しています。

鹿児島神宮(霧島市隼人町)に由来しています。「鹿児島」の語源は、天津日高彦穂々出見尊(山幸彦)が海神宮(わたつみ)に行く際に乗った舟が鹿児山で作られたという説や、「神籠もる島」という説、「カゴ」は崖という意味で、四方が崖に囲まれている桜島は「カゴ島」と謂われ、鹿児島は桜島の古い名であるという説、など諸説あります。

元々は、薩摩(さつま)国・大隅(おおすみ)国・多禰(たね)国の三カ国でした。

現在鹿児島市と鹿児島神宮は離れているが、鹿児島郡設置当初は天降川までが鹿児島郡内でした。

鹿児島県の市区町村は、鹿児島市、鹿屋市、枕崎市、阿久根市、出水市、指宿市、西之表市、垂水市、薩摩川内市、日置市、曽於市、霧島市、いちき串木野市、南さつま市、志布志市、奄美市、南九州市、伊佐市、姶良市、鹿児島郡三島村、鹿児島郡十島村薩摩郡さつま町、出水郡長島町、姶良郡湧水町、曽於郡大崎町、肝属郡東串良町、肝属郡錦江町、肝属郡南大隅町、肝属郡肝付町 、熊毛郡中種子町、熊毛郡南種子町、熊毛郡屋久島町、大島郡大和村、大島郡宇検村、大島郡瀬戸内町、大島郡龍郷町、大島郡喜界町、大島郡徳之島町、大島郡天城町、大島郡伊仙町、大島郡和泊町、大島郡知名町、大島郡与論町があり各地域から債務整理ができます。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績

杉山事務所

週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

公式サイトへ

大阪事務所
(主たる事務所)
0120-066-018
東京事務所 0120-065-039
名古屋事務所 0120-068-027
福岡事務所 0120-069-034
広島事務所 0120-067-009
岡山事務所 0120-070-146
仙台事務所 0120-131-025
札幌事務所 0120-678-027

司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料

司法書士法人みどり法務事務所

東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

公式サイトへ

相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能

司法書士法人みつ葉グループ

年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

公式サイトへ

相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法

弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

公式サイトへ

相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

コメントを残す