ひかり法律事務所の過払い金請求の口コミ・評判・費用を徹底検証

ひかり法律事務所の過払い金請求の口コミ・評判・費用を徹底検証

ひかり法律事務所は東京都港区にある弁護士事務所です。債務整理・離婚問題・交通事故・刑事事件・企業法務・労働問題と多様な法律問題を日々対応していますが、ひかり法律事務所の強みは債務整理・過払い金請求を得意としている点です。債務整理の解決率NO.1を目標に他事務所とはひと味違う解決策を謳っています。

代表弁護士の久米修司弁護士は、これまでに数千件の借金相談を受けてきた大ベテランの弁護士です。久米弁護士を筆頭に3名の弁護士・3名の司法書士が来所・電話・メールにて親身に無料で相談にのってくれます。過払い金が見込まれる場合の弁護士費用は、回収した過払金から支払うことができます。過払い金が見込めなくても分割払いが可能なので、費用の支払いが不安な方も安心して相談できる事務所です。

ホームページには過払い金チェッカーが掲載されているので自分の過払い金がいくら発生しているかチェックをすることができます。相談は無料なので、まずは、電話やメールで過払い金請求・債務整理の相談をして費用や業務の流れについて納得してから依頼されることをおすすめします。

ひかり法律事務所の評判・口コミ

良い評判・口コミ

・過払い金請求に実績のある司法書士が揃っており、回収率の高さとスピードが特徴です。 ・過払い金の請求に実績のある専門家が多く、対応が迅速でした。 ・ひかり法律事務所は、とても親身に相談に乗ってくれるので、借金相談を考えている人にはぜひおすすめです。 ・結果として綺麗に借金を整理することができたので、ひかり法律事務所にお願いして良かったと思っています。

悪い評判・口コミ

・よくラジオで流れてる、ひかり法律事務所。何回も流れるから不快。 ・電話対応が悪すぎる! ・サラ金会社の方が言葉使い、対応が断然いいです。 ・電話対応最悪です。H19年前から借り入れをしていないと無理ですからと嘲るように言われ突っぱねられて名前聞かれて終わりました。二度と利用しませんし、おススメしません。 ・数回の面談があったので安心できましたが、対応の遅さが気になり不安が募りました。

評判・口コミのまとめ

多様な法律問題を取り扱っており、借金問題の実績も多い事務所なので良い評判がとても多かったです。特に、迅速で親身に相談に乗ってくれる丁寧な対応が評判のようです。

電話の対応について良い評判・口コミがある一方で、悪い評判・口コミも目立ちます。電話対応は相手の顔が見えない分、対面で話している時よりも「冷たい」「事務的」な印象を持たれる場合が多いです。そのため、電話対応については改善する必要がありますね。

そして、過払い金請求や債務整理を依頼する側としては、2ch(2ちゃんねる)や少数のネット情報だけを完全に頼らず、いくつかの事務所に自分で実際に電話や面談をしてみて、一番信頼できそうな事務所を選択されることをおススメします。

ひかり法律事務所の費用

過払い金請求

金額
報酬
回収した金額の21.6%

※すでに完済している場合は、回収した過払金から充当 ※事務手数料は一律32,400円となります。

任意整理

金額
着手金
2社まで54,000円

3社以上21,600円×社数
報酬
21,600円×社数
減額報酬
10.8%
過払報酬
21.6%

※事務手数料は一律32,400円となります。

自己破産

金額
同時廃止の場合
32.4万円
少額管財の場合
32.4万円

※事務手数料は一律32,400円となります。

※同時廃止の場合には、裁判所申立費用約17,000円少額管財の場合は約23,000円(税込)を別途いただきます。 ※また少額管財の場合には、別途管財人費用がかかります。 ※分割払いの際はご本人の収支を見合わせながら、基本的には毎月4?5万円ずつの入金額をご提示しております。 ※事務手数料は一律32,400円となります。

個人再生

金額
住宅ローン条項無し
43.2万円
住宅ローン条項有り
54万円

※裁判所申立費用26,000円(税込)がかかります。 ※事務手数料は一律32,400円となります。

過払い金請求にかかる費用の相場

着手金 0円~20,000円
報酬金 20,000円~50,000円
過払い金報酬 返還金額の20%
減額報酬 減額金額の10%

「着手金」とは過払い金請求を依頼した時点で支払う報酬で、もしも過払い金が返ってこかなったとしても返還されないのが通常です。弁護士・司法書士の報酬はトラブルを回避するために、日本弁護士連合会や日本司法書士会連合会で指針・規程が設けられていますが基本的には自由化が認められていますので、事務所によっては着手金を2万円以上に設定している事務所もあります。しかし、近年は過払い金請求事件については着手金を0円とする事務所が増えています

「報酬金」とは、事件が解決した後で支払う費用のことで着手金とは別途で請求されるケースが多いです。報酬金の中には、「解決報酬金」と過払い金の取り戻し金額に対して支払う「過払い金報酬」と借金を減額した金額に対して支払う「減額報酬」の3種類があります。解決報酬金は日弁連では上限金額を1件あたり2万円以下、日司連では上限金額を5万円以下とそれぞれ設けられています。また、裁判を起こして解決した場合の過払い金報酬については、通常の過払い金報酬よりも5%程度上乗せされることが一般的です。

「実費」とは、事件の処理に必要な収入印紙や郵便切手代、交通費、通信費などの費用です。着手金や報酬金とは別に依頼者が負担するケースが多いです。

ひかり法律事務所の費用を相場と比較して

着手金21,600円(2社まで5,400円)×社数+事務手数料32,400円というのは、依頼する社数によっては他事務所の費用と比較すると若干高いですね。しかし、過払報酬は21.6%、減額報酬は10%と報酬については、相場に近い報酬ですし、『約』『~』といった曖昧な表記をしておらず費用が明瞭になっているのは依頼者の事を考えていて魅力的だと思います。

過払い金請求の依頼を考えている方は、相談料は無料なので「費用以上に過払い金が戻ってくるか?」「依頼して赤字にならないか?」などしっかりシミュレーションしていただいて依頼されるとよいでしょう。

過払い金請求・債務整理の費用について詳しくチェック

過払い金請求・債務整理を依頼する前に知っておくべき費用の相場と注意点

ひかり法律事務所の特徴・特色

過払い発犬!ヒカリんも登場するCMが大好評

「過払い犬」として親しまれているひかり法律事務所のオリジナルキャラクターです。テレビCMは合計で9種類あり、ヒカリんとスーツを着た上品な女性が過払い金請求の費用やメリット・デメリットについてコンパクトに丁寧に説明をしてくれ、視聴者に安心感を与えてくれるCMです。過払い金請求や債務整理を考えていた人の中にはこのCMでひかり法律事務所に好感を持って相談された方も多いことでしょう。

5秒で診断 過払い金チェッカー

ひかり法律事務所のホームページ上では、借入金額と借入年数を入力するだけで過払い金があるのかすぐにわかるチェッカーがあります。こちらのサービスは、「今は相談の電話をする時間がないけど過払い金があるのかだけすぐに知りたい」という方にとても人気があるようです。

ただ、正確な過払い金の金額を知るには貸金業者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算をしてみないとわかりませんので、最終的にはひかり事務所へ電話をして調査の依頼をする必要があります。

電話をしたときに下記の内容を聞かれるので、メモなどを事前に準備をされると良いでしょう。

  1. 借入業者の名前
  2. 取引年数
  3. 名前
  4. 住所・電話番号

また、過払い金を調べるだけなら、信用情報には影響はしないのでブラックリストに載るのが心配な方も安心ですね。

無料相談!平日・土曜日9時~19時まで相談受付

一般的な法律事務所の相談受付は平日17時くらい迄が多いですが、ひかり法律事務所は平日だけではなく、土曜日も9時から19時まで相談できるのが特徴です。平日の昼間は仕事で、土日や夜間しか時間がとれない方にとっては大変嬉しいですね。

業務は全国対応で行っているので、遠方に住んでいて事務所へ行くのが困難な方でも問題ありません。

また、お金に余裕がなく費用の支払いが心配な人でも安心して依頼できるように、手続き費用の支払いも分割対応をしてくれるのもひかり法律事務所の魅力のひとつです。

代表弁護士は大ベテランの久米修司弁護士

ひかり法律事務所の代表は、第一東京弁護士会に所属する久米修司弁護士です。久米弁護士は法学部の中でも最難関である慶應義塾大学の法学部を卒業されています。1973年に慶應義塾大学の法学部を卒業後、1978年に司法試験に合格しています。久米弁護士が合格した司法試験は、法科大学院が創設される前の旧司法試験制度で、当時の試験は、合格まで10年以上要することも少なくありませんでした。そんな中、慶應義塾大学を卒業後、約5年で司法試験に受かった久米弁護士はかなり優秀な方だと思います。

1978年に司法試験に合格して、約1年4ヶ月の司法修習を経て、ひかり法律事務所を設立する2005年までの約27年間、数々の法律問題の実務を経験されてきました。ひかり法律事務所を開業後は、過払い金請求や借金問題を中心にさまざまな問題に取り組まれ多くの人たちを解決に導かれています。

ひかり法律事務所から連絡がこない

『ひかり法務事務所に依頼をしたけど連絡がこない』という噂を耳にすることがあります。

それでは、本当にひかり法律事務所から連絡がこないのでしょうか?真実を調査をしてみたところ某サイトにこんなコメントが投稿されていました。

此方の事務所に過払金が発生したとの連絡でお願いしている最中なんですが テレビを見てびっくりしました。 それは何か 電話して頂けると スピーディな対応にすぐに お金が帰ってくるなどとのコマーシャルがしているじゃありませんか? 私は頼んだ時には 半年もかからないって言ってたのに もう半年以上かかって 未だに 連絡も音沙汰なしの状態で いつ お金が返ってくるのかわからない状態です それは どう説明するのですか? 信用出来なくなって来てます、他所の弁護士事務所に相談して 素早い対応してくれる所を探すつもりです この事をツイッターやSNSで流してもいいですか? ちょっと あんまりにも 適当に 対応し過ぎではないですか? お客さんをどう思ってるのですか?

引用元:https://xn--x0qu8arpm90d4uqbt4a.xyz/2782/

また、ひかり法律事務所をGoogleで検索するとサジェストに『連絡がこない』と表示されます。Googleサジェストとは、何かのワードを入れて検索するときに候補となるワードをGoogleが予測して表示してくれる機能なので、多くの人が『ひかり法律事務所 連絡こない』と検索していることがわかります。

以上のことより、『ひかり法律事務所に依頼したけど連絡がこない』という噂は真実のようです。

過払い金請求を依頼して返還されるまでの期間は、カード会社対応や交渉内容によって変わってきます。ひかり法律事務所は過払い金請求や債務整理に特化していて解決実績も豊富なのでカード会社ごとの傾向は十分に把握しているはずです。

面談時にカード会社の傾向に基づいて返還される時期を相談者に説明する必要がありますね。

また、依頼後の連絡頻度については、状況が進む都度連絡を欲しい人や重要な時だけ連絡が欲しい人など、人によって連絡の頻度の希望が違ってきます。頻繁な連絡を必要とせず重要な時だけ連絡が欲しい人にとっては、ひかり法律事務所はおすすめの事務所といえるでしょう。

過払い金請求・債務整理は信頼度No1のみどり法務事務所で無料相談

\相談は何度でも無料/

借金問題をひとりで抱え込んで大きくしてしまう方はたくさんいます。専門家と言えども、相談しなければ解決はしてくれません。

過払い金請求は早めの手続きが肝心です。みどり法務事務所なら依頼しても過払い金が発生しなかった場合、費用はかかりません

みどり法務事務所のサイトをみる

事務所情報

名称 ひかり法律事務所
設立 平成17年
電話 0120-193-702
FAX 03-3453-3123
住所 〒108-0014 東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル7階
アクセス JR「田町駅」三田口(西口)下車 徒歩:約5分
都営浅草線/都営三田線「三田駅」A3出口 下車 徒歩:約3分

過払い金とは

過払い金とは、消費者金融やクレジットカード会社に「払い過ぎていた利息」のことです。

平成18年の貸金業法改正以前は、貸金業者が守るべき法律は利息制限法(18%~20%)出資法(29.2%)の2つの法律があり、多くの貸金業者は2007年くらいまで利息制限法よりも高い金利で貸付をしていました。この、利息制限法と出資法の間の金利のことを「グレーゾーン金利」といいます。

2006年に最高裁判所で「グレーゾーン金利は認めない」という判決が下り、2010年に貸金業法の上限金利は利息制限法に統一されグレ―ゾーン金利は廃止されました。このグレーゾーン金利で支払いしていた払い過ぎた利息を取り戻すことを「過払い金請求」といいます。

過払い金が発生している可能性が高い貸金業者一覧

2010年までに、消費者金融やクレジットカードでキャッシングをしたことがある人は、ほぼ全員過払い金が発生している可能性が高いです。返済中の人でも6年以上取引をしていた人は、現在の債務がなくなり過払い金が戻ってくる可能性があります。

check アコム アイフル レイク プロミス 三洋信販 ノーローン(シンキ) ポケットカード アプラス 全日信販 セディナ セントラルファイナンス OMC クオーク イオンクレジット ビューカード ニコス ライフカード エポス ゼロファースト ジャックス セゾン オリコ JCB CFJ ディック アイク ユニマットレディース 新生カード ワイジェイカード ワイド ユアーズ NKCカード エイワ ほくせん 日専連 ゆめカード りそなカード アエル アペンタクル エヌシーカード オークス オーシーカード キャスコ クラヴィス クレディア トヨタF ニッセン・クレジット ベルーナ ペルソナ 三井住友カード 出光クレジット 山陰信販 東日本信販 

過払い金請求のリスク

過払い金請求は、債務整理と違い、信用情報はブラック(異動情報)になることはなく、返済中の場合は毎月の請求が止まって過払い金で債務がなくなるというメリットしかありませんが、以下のリスクが考えられるので注意してください。

返済中に過払い金請求をする場合は、ブラックリストに注意!

専門家に依頼して返済中である貸金業者に過払い金請求をする場合、貸金業者宛に専門家より受任通知を送るとブラックリスト(信用情報機関)に事故情報(異動情報)が載ってしまいます。

引き直し計算をした結果、借金が0になり過払い金が戻ってきたらアコムの事故情報は消えますので心配いりませんが、もしも、借金が残ってしまった場合には、和解後5年間はブラックリストに載ってしまいますので注意が必要です。

しかし、以下の場合は過払い金請求をしてもブラックリストに載りませんので安心してください。

  • 貸金業者の借入金を完済している場合
  • 貸金業者の借入金が残っていても、引き直し計算の結果で借金が0になる場合

ブラックリストに載るのが心配な人は、事前に過払い金が発生しているのか専門家に無料調査を依頼するのが良いかと思います。

過払い金請求には時効がある

過払い金請求はいつまでもできるものではありません、消滅時効があります。完済して10年経過すると消滅時効が成立して過払い金請求はできなくなります。2007年以前に借り入れをしていたとしても、消滅時効が成立すると過払い金請求は戻ってきません。消滅時効の起算日は完済した日からです。

また、取引の分断がある人も時効に注意が必要です。取引の分断とは、途中で完済して再度借り入れをした場合に、1回目の借り入れと2回目の借り入れを別の取引として見なすことです。

貸金業者からの1回目の借り入れの完済が10年以上前だと、1回目の借り入れは消滅時効が成立していて、貸金業者に過払い金請求をすることができません。

また、1回目の完済が10年経過していなくても、1回目の取引と2回目の取引を一連の取引としてみなして過払い金を計算するより、1回目の取引と2回目の取引を別々の取引として見なして計算する方が、過払い金の発生金額は減ってしまいます。

過払い金請求・債務整理のリスクやデメリットについて詳しくチェック

過払い金請求のリスク・デメリットを回避する方法

事務所選びのポイント

    1.信頼できる事務所か? 2.過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か? 3.業務の流れや費用を説明してくれるか? 4.過払い金請求訴訟を提案してくれるか?

1.信頼できる事務所か?

多くの事務所は電話口で過払い金請求の無料相談を受け付けしています。まずは、無料相談だけでもこちらの話をじっくりと聞いてくれて、質問にも的を得た回答をしてくれる、親切で丁寧な対応の事務所かどうか確認しましょう。

事務所によっては、上から目線の対応やぶっきらぼうな対応、説明が不十分なうえに営業をガンガンしてくる事務所があります。そういった事務所がのちのちトラブルが発生する可能性がありますので注意してください。

2.過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か?

司法書士事務所・弁護士事務所は、様々な種類があり得意とする分野や不得意とする分野があります。過払い金請求・債務整理事件の解決には事務所の交渉力が大きく関係しますので、過払い金請求・債務整理を専門としている事務所を選びましょう。

貸金業者は過払い金を返還したくないので、交渉窓口には過払い金請求の知識が豊富な担当を配置して徹底的に争ってきます。専門でない事務所が対応をすると、貸金業者の交渉に言いなりになってしまい返還金額が大きく減額されます。

過払い金請求を専門としている事務所は、貸金業者が主張する争点にも対抗できる知識や交渉力を持っています。より多くの過払い金請求を取り戻しすためには、過払い金請求を専門にしている事務所を選ぶと良いでしょう。

また、事務所の交渉力を確認するためには、無料相談の際に依頼する貸金業者の回収率を聞いてください。できれば、実際に和解交渉をしている担当者に聞いた方が良いです。

なぜかと言いますと、特に大手の事務所は業務効率化のために分業制にしています。事務所の印象を良くして受任件数を増やすために、相談業務については、ハキハキとした明るい人材を配置しています。

しかし、実際に過払い金請求の交渉をするのは、交渉担当者です。この交渉担当者が弱気な人であれば、カード会社の強気の姿勢に負けてしまい回収金が減ってしまいます。自分の過払い金請求を安心して任せられる人かどうかを知るために、交渉担当者から直接話を聞くと良いでしょう。

3.業務の流れや費用を説明してくれるか?

過払い金請求の相談をした際に、業務の流れや費用の説明が不十分なままに取り敢えず契約を促してくる事務所があります。そういった事務所は、事件の処理を放置したり、費用を思った以上に取られたりとのちのちトラブルが発生しますので注意をしてください。

費用の基本料・成功報酬料・実費の設定は事務所によって違います。契約前にきちんと業務の流れが理解でき、過払い金請求にかかる費用の内容に納得できてから契約すると後のトラブルは防げます。

4.過払い金請求訴訟を提案してくれるか?

過払い金請求が増えたことにより年々、貸金業者の経営状態は悪化しています。過払い金請求が原因で破綻した貸金業者も数多くあります。そのため、近年、任意交渉ではなかなか過払い金を取り戻すことが難しくなっています。依頼者の事を考え過払い金をより多く取り戻すために過払い金請求訴訟を前提に受任してくれる事務所か確認しましょう。

しかし、訴訟提起をすると追加で費用がかかったり、解決までに時間がかかったりするケースがあります。貸金業者の傾向をしっかりと把握して訴訟を起こすメリット・デメリットを説明してくれる事務所を選ぶとよいでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い司法書士・弁護士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1として紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所を展開。該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も対応可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還額累積90億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家。秘密厳守で親切・丁寧な対応が、選ばれる理由です。事務所は、東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。相談者に寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にのみ、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、他の大手の法律事務所と異なり、安心の全国対応に加えて、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事