九帆堂法律事務所の過払い金請求の口コミ・評判・費用を徹底検証

九帆堂法律事務所の過払い金請求の口コミ・評判・費用を徹底検証

九帆堂法律事務所は東京都中央区日本橋にある法律事務所で、最寄り駅はJR神田駅・JR新日本橋駅・地下鉄半蔵門線三越前駅・地下鉄銀座線三越前駅ととてもアクセスが良くて好立地にある法律事務所です。開設は平成20年で比較的新しい法律事務所ですが、最近ネット広告などを利用して積極的に広報活動をしているので『九帆堂法律事務所』の名前を一度は目にされたことがある方も多いのではないでしょうか。

九帆堂法律事務所で検索すると「ゲッティ社」「詐欺」というキーワードばかりが上位表示されていて、過払い金請求についてはなかな見つかりませんが、平成26年から平成29年にかけて3人の弁護士が加わっていますので、これからどんどん業務を拡大していく計画なのでしょう。

そこで、これから九帆堂法律事務所で過払い金請求をしようと考えている方が安心して過払い金請求を依頼できる事務所なのか、ゲッティ詐欺疑惑について、過払い金請求の評価・口コミ・費用について徹底検証してみました。

今すぐ無料相談する!

九帆堂法律事務所の評判・口コミ

良い評判・口コミ

埼玉県・40代・女性

最初の電話での対応から終了までとても親切でわかりやすく説明していただきました。最初は不安に思いながら電話しましたが、今は感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

東京都・60代・男性

消費者金融やクレジットカードなどから長年借入をしていて毎日返済の事ばかり考えていてしんどかったです。ある日インターネットで見かけて相談してみたら、過払い金が発生していると丁寧に説明してくださったので不安もありましたが、思い切って依頼してみました。本当に借金がゼロになって過払い金も戻ってきたので依頼してよかったです。

千葉県・60代・男性

想像以上に過払い金があったのでびっくりしています。戻ってきた過払い金で来年小学校に入学する孫にランドセルを買ってあげたいと思います。

悪い評判・口コミ

大阪府・50代・女性

手続き完了までの途中報告がなかなかなかったので少し不安になりました。もう少し連絡が欲しかったです。

東京都・50代・男性

時間がかかりすぎだと思いました。途中経過の連絡もなかったので自分の状況がわからず不安になりました。

静岡県・60代・男性

弁護士だから過払い金を全額取り戻してもらえると思って依頼したのに半分くらいしか返してもらえませんでした。意外と時間もかかったし。お金をかけて頼んだのに残念でした。

評判・口コミのまとめ

最初の受付の対応は親切で良かったけど、途中報告がなくて不安になったという声が多く上がっています。ネット広告を多く出稿されている事務所なので、問い合わせが殺到して対応が遅れている可能性があります。

また、過払い金を全額取り戻してもらえなかったという声もありますが、近年、貸金業者の経営状況は悪化しているので、どこの事務所も全額取り戻すのは非常に厳しい状況です。日に日に過払い金の返還率は下がっていますので、少しでも多く取り戻したいということでしたら、1日でも早く手続を進められることをおすすめします。

九帆堂法律事務所の費用

過払い金請求

着手金・・・0円 回収報酬・・・回収額の21.6%、但し最低額54,000円 訴訟手数料・・・業者1社につき54,000円 訴訟実費・・・数千円~20,000円程度(印紙・切手代のみ) 減額報酬・・・0円

任意整理

記載なし

自己破産

記載なし

個人再生

記載なし

まとめ

調査料は無料なので、もしも過払い金を取り戻せなかった場合のことを考えると安心して依頼できるでしょう。しかし、調査後、交渉に進んだら54,000円+21.6%がかかるということは、過払い金の返還額が少なくても最低54,000円が必要となります。取引年数が短くて過払い金の発生金額が少ない方や経営状態が良くなくて返還率が低い貸金業者から借入をしていた方は、返還額が少額になった場合に赤字になる可能性があるので注意が必要です。

公式ホームページには報酬の記載はなく、過払い金請求の広告にしか記載がありません。もしかすると、過払い金請求だけ対応していて、破産・再生・任意整理を考えている方や、現在、借金を返済中過払い金請求を考えている方は受任してもらえない可能性があります。

九帆堂法律事務所の特徴・特色

ゲッティ詐欺疑惑の真相

ゲッティ社との委任業務について

弊社ウェブサイトを検索すると「ゲッティ詐欺」などといった誹謗中傷表現が出現することがありますが、当然ながら、弊所において、詐欺的行為を含めた 違法な業務をしている事実はございません。 弊所はアメリカにグループ本社を持つ世界最大級のデジタル画像管理会社であるゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社から委任を受け、 ゲッティ社管理のデジタル画像に対する著作権侵害行為への対応をしております。しかし、一部の方による誤解ないしは悪意により、インターネット上の一部では、 このような業務に対して詐欺と表現されることがあります。このような表現は法的に誤った不適切な表現であり、弊所のみならずゲッティ社の名誉をも著しく毀損する ものであるため、悪質性の高いものについては業務妨害行為として法的措置の検討もせざるを得ないと考えております。 ご相談者の皆様方におかれましては、弊所に対する不適切な表現によりご心配をおかけしていることを大変心苦しく思っております。 弊所スタッフ一同、より良質なリーガルサービスを提供していけるよう尽力して参りますので、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

引用元:九帆堂法律事務所

ゲッティ社とは

ゲッティ社の正式名称は、ゲッティ・イメージ・セールス・ジャパン合同会社でアメリカ企業のゲッティ―イメージズの日本法人でストックフォトの販売を行う会社です。

写真コレクションを中心に映像・楽曲といったコンテンツを販売していて、さらに、配信ツールをはじめ撮影サービスや権利取得サービス等を提供すしています。報道機関をはじめ、企業やオンラインサイトの取引をおこなっています。

ゲッティ社からの請求について

2011年頃から九帆堂法律事務所を通してゲッティ社から著作権不正使用の請求がきたと多くの書き込みがあり、弁護士ドットコムには、2015年4月7日にフリーランスのデザイナーからの相談投稿がありました。

  • ゲッティ社の代理人である九帆堂法律事務所より通知書(著作権不正使用に関する警告)が送られきた
  • 請求書記載の電話番号に連絡すると請求額が提示されて2日後に請求書が届いた
  • 相談者は、様々な写真素材や写真の撮り方の紹介をしているサイトを作成
  • サイト内で著作権不正使用とされている写真は2点
  • 写真や記事を投稿していたのは、相談者の事務所でお手伝いにきていた既に退職しているパート
  • 請求額は、最低料金20万円+サイトへ掲載されている期間分の追加課金
  • 著作権不正使用したというサイトは約1年以上前に「休止」していて、約半年前には「閉鎖」している
  • なぜ半年近くも経った今なのかは不明

弁護士の見解としては、著作権侵害に基づく損害賠償請求は、民法の不法行為(709条)を根拠にしている。本件では、故意・過失の要件を満たしているかどうかや、損害について検討する余地があり、また、サイトを閉鎖した半年後に請求が来ているので著作権バスターで順番に機械的に請求しているのではないかという事です。2点で20万円は若干高いという見解もあります。使用期間を明らかにして資料をもって一度直接弁護士へ相談することをおすすめしています。

九帆堂法律事務のゲッティ社についての書き込みは、2015年が最後なので、今はもうゲッティ社の代理人ではなくなっている可能性があります。しかし、もしも九帆堂法律事務所、若しくは、ゲッティ社から著作権侵害の請求書が届いたら近くの法律事務所へ相談することをおすすめします。

プロフェクト法律事務所と共同受任して弁護士9人で対応

九帆堂法律事務所はプロフェクト法律事務所と共同受任をして、弁護士9人の豊富な経験をもとに協力して過払い金請求事件を解決しています。

プロフェクト法律事務所とは京都、大阪に事務所を置く弁護士6人が在籍している法律事務所で、受任実績は10年間で15万件とかなり過払い金請求・債務整理を得意としている法律事務所です。

九帆堂法律事務所は東京の日本橋にしか事務所がありませんが全国対応をしています。面談については、弁護士会の規程の趣旨に則り対応していますので面談をしないと絶対に受任してくれないというわけではありません。

まずは電話で状況を確認して運転免許証などのコピーを提出して本人確認をしています。受任後は、電話やメール、郵便などで連絡を取り合いながら手続きを進めていき、債務整理を視野に入れて検討する必要が出てきた場合は面談が必要なので依頼者へ来所を促しています。

そこで、プロフェクト法律事務所と共同受任をすることによって関東圏の依頼者は東京の九帆堂法律事務所で面談をして、関西圏の依頼者は京都・大阪のプロフェクト法律事務所で面談をして進めることが可能となっています。

参照:弁護士法人プロフェクト法律事務所の過払い金請求の口コミ・評判・費用を徹底検証

全国で不動産関連のセミナーを開催

九帆堂法律事務所は全国で不動産関連セミナーを定期的に開催しています。事務所設立者である久保原和也弁護士は、平成23年7月15日に最高裁判所で勝訴した更新料裁判の貸主更新料弁護団に所属して首都圏での情報提供等の活動を行っていますし、不動産賃貸借契約のトラブルについての本を出版しています。ほかの弁護士の経歴も不動産関連ばかりです。

九帆堂法律事務所の一番の得意分野は、不動産関連の可能性があり過払い金請求・債務整理分野については、まだノウハウが構築されていないのでしょう。そのため、過払い金請求の実績が豊富なプロフェクト法律事務所と共同受任をして、これから過払い金請求・債務整理のノウハウを構築しようとしている可能性があります。

事務所情報

事務所名 九帆堂法律事務所
設立年月日 平成20年
設立者 久保原和也
住所 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4丁目6-7 サカイビル2階
電話番号 03-3516-3955
FAX番号 03-3516-3966
営業時間 平日10時30分~17時
最寄り駅 地下鉄銀座線三越前・JR総武快速線新日本橋駅4番出口から徒歩2分
JR神田駅から徒歩5分
取扱い業務 不動産賃貸借・不動産取引一般・知的財産権・IT関連・労働・家事・金銭・事故・行政・企業法務全般

過払い金とは

過払い金とは、消費者金融やクレジットカード会社に「払い過ぎていた利息」のことです。

平成18年の貸金業法改正以前は、貸金業者が守るべき法律は利息制限法(18%~20%)出資法(29.2%)の2つの法律があり、多くの貸金業者は2007年くらいまで利息制限法よりも高い金利で貸付をしていました。この、利息制限法と出資法の間の金利のことを「グレーゾーン金利」といいます。

2006年に最高裁判所で「グレーゾーン金利は認めない」という判決が下り、2010年に貸金業法の上限金利は利息制限法に統一されグレ―ゾーン金利は廃止されました。このグレーゾーン金利で支払いしていた払い過ぎた利息を取り戻すことを「過払い金請求」といいます。

過払い金が発生している可能性が高い貸金業者一覧

2010年までに、消費者金融やクレジットカードでキャッシングをしたことがある人は、ほぼ全員過払い金が発生している可能性が高いです。返済中の人でも6年以上取引をしていた人は、現在の債務がなくなり過払い金が戻ってくる可能性があります。

    過払い金が発生している可能性のあるカード会社 アコム アイフル レイク プロミス 三洋信販 ノーローン(シンキ) ポケットカード アプラス 全日信販 セディナ セントラルファイナンス OMC クオーク イオンクレジット ビューカード ニコス ライフカード エポス ゼロファースト ジャックス セゾン オリコ JCB CFJ ディック アイク ユニマットレディース 新生カード ワイジェイカード ワイド ユアーズ NKCカード エイワ ほくせん 日専連 ゆめカード りそなカード アエル アペンタクル エヌシーカード オークス オーシーカード キャスコ クラヴィス クレディア トヨタF ニッセン・クレジット ベルーナ ペルソナ 三井住友カード 出光クレジット 山陰信販 東日本信販 

過払い金請求のリスク

過払い金請求は、債務整理と違い、信用情報はブラック(異動情報)になることはなく、返済中の場合は毎月の請求が止まって過払い金で債務がなくなるというメリットしかありませんが、以下のリスクが考えられるので注意してください。

返済中に過払い金請求をする場合は、ブラックリストに注意!

専門家に依頼して返済中である貸金業者に過払い金請求をする場合、貸金業者宛に専門家より受任通知を送るとブラックリスト(信用情報機関)に事故情報(異動情報)が載ってしまいます。

引き直し計算をした結果、借金が0になり過払い金が戻ってきたらアコムの事故情報は消えますので心配いりませんが、もしも、借金が残ってしまった場合には、和解後5年間はブラックリストに載ってしまいますので注意が必要です。

しかし、以下の場合は過払い金請求をしてもブラックリストに載りませんので安心してください。

  • 貸金業者の借入金を完済している場合
  • 貸金業者の借入金が残っていても、引き直し計算の結果で借金が0になる場合

ブラックリストに載るのが心配な人は、事前に過払い金が発生しているのか専門家に無料調査を依頼するのが良いかと思います。

過払い金請求には時効がある

過払い金請求はいつまでもできるものではありません、消滅時効があります。完済して10年経過すると消滅時効が成立して過払い金請求はできなくなります。2007年以前に借り入れをしていたとしても、消滅時効が成立すると過払い金請求は戻ってきません。消滅時効の起算日は完済した日からです。

また、取引の分断がある人も時効に注意が必要です。取引の分断とは、途中で完済して再度借り入れをした場合に、1回目の借り入れと2回目の借り入れを別の取引として見なすことです。

貸金業者からの1回目の借り入れの完済が10年以上前だと、1回目の借り入れは消滅時効が成立していて、貸金業者に過払い金請求をすることができません。

また、1回目の完済が10年経過していなくても、1回目の取引と2回目の取引を一連の取引としてみなして過払い金を計算するより、1回目の取引と2回目の取引を別々の取引として見なして計算する方が、過払い金の発生金額は減ってしまいます。

事務所選びのポイント

    1.信頼できる事務所か? 2.過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か? 3.業務の流れや費用を説明してくれるか? 4.過払い金請求訴訟を提案してくれるか?

1.信頼できる事務所か?

多くの事務所は電話口で過払い金請求の無料相談を受け付けしています。まずは、無料相談だけでもこちらの話をじっくりと聞いてくれて、質問にも的を得た回答をしてくれる、親切で丁寧な対応の事務所かどうか確認しましょう。

事務所によっては、上から目線の対応やぶっきらぼうな対応、説明が不十分なうえに営業をガンガンしてくる事務所があります。そういった事務所がのちのちトラブルが発生する可能性がありますので注意してください。

2.過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か?

司法書士事務所・弁護士事務所は、様々な種類があり得意とする分野や不得意とする分野があります。過払い金請求・債務整理事件の解決には事務所の交渉力が大きく関係しますので、過払い金請求・債務整理を専門としている事務所を選びましょう。

貸金業者は過払い金を返還したくないので、交渉窓口には過払い金請求の知識が豊富な担当を配置して徹底的に争ってきます。専門でない事務所が対応をすると、貸金業者の交渉に言いなりになってしまい返還金額が大きく減額されます。

過払い金請求を専門としている事務所は、貸金業者が主張する争点にも対抗できる知識や交渉力を持っています。より多くの過払い金請求を取り戻しすためには、過払い金請求を専門にしている事務所を選ぶと良いでしょう。

また、事務所の交渉力を確認するためには、無料相談の際に依頼する貸金業者の回収率を聞いてください。できれば、実際に和解交渉をしている担当者に聞いた方が良いです。

なぜかと言いますと、特に大手の事務所は業務効率化のために分業制にしています。事務所の印象を良くして受任件数を増やすために、相談業務については、ハキハキとした明るい人材を配置しています。

しかし、実際に過払い金請求の交渉をするのは、交渉担当者です。この交渉担当者が弱気な人であれば、カード会社の強気の姿勢に負けてしまい回収金が減ってしまいます。自分の過払い金請求を安心して任せられる人かどうかを知るために、交渉担当者から直接話を聞くと良いでしょう。

3.業務の流れや費用を説明してくれるか?

過払い金請求の相談をした際に、業務の流れや費用の説明が不十分なままに取り敢えず契約を促してくる事務所があります。そういった事務所は、事件の処理を放置したり、費用を思った以上に取られたりとのちのちトラブルが発生しますので注意をしてください。

費用の基本料・成功報酬料・実費の設定は事務所によって違います。契約前にきちんと業務の流れが理解でき、過払い金請求にかかる費用の内容に納得できてから契約すると後のトラブルは防げます。

4.過払い金請求訴訟を提案してくれるか?

過払い金請求が増えたことにより年々、貸金業者の経営状態は悪化しています。過払い金請求が原因で破綻した貸金業者も数多くあります。そのため、近年、任意交渉ではなかなか過払い金を取り戻すことが難しくなっています。依頼者の事を考え過払い金をより多く取り戻すために過払い金請求訴訟を前提に受任してくれる事務所か確認しましょう。

しかし、訴訟提起をすると追加で費用がかかったり、解決までに時間がかかったりするケースがあります。貸金業者の傾向をしっかりと把握して訴訟を起こすメリット・デメリットを説明してくれる事務所を選ぶとよいでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い司法書士・弁護士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1として紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所を展開。該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も対応可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還額累積90億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家。秘密厳守で親切・丁寧な対応が、選ばれる理由です。事務所は、東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。相談者に寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にのみ、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、他の大手の法律事務所と異なり、安心の全国対応に加えて、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事