司法書士法人第七事務所の過払い金請求の口コミ・評判・費用を徹底検証

司法書士法人第七事務所の過払い金請求の口コミ・評判・費用を徹底検証

司法書士法人第七事務所は、2017年10月25日に前代表である福本雄伍司法書士(現在は、弁護士)が設立した東京都中央区にある司法書士事務所です。

事務所が設立されてわずか1年足らずで福本雄伍司法書士から坂本孝文司法書士に代表が変わっておりますが、設立当時からアットフォームで相談しやすい司法書士事務所として依頼者から大変評価を得ています。

司法書士法人第七事務所が得意としているのは、『過払い金スピード診断』です。

簡単な質問に答えるだけ、0356431153から着信があり、過払い金がどのくらい戻ってくるのか、借金がどのくらい減るのか、わずか5分で診断をしてくれます。

しかし、設立して数年の若い事務所に人生の一大決心でもある過払い金請求や債務整理を依頼するのは不安になりますよね。

そんな不安をかかえている方のために、司法書士法人第七事務所は安心して過払い金請求や債務整理を相談できる事務所なのか、評判・口コミや特徴、費用体系などについて徹底調査してみました。

司法書士法人第七事務所の評判・口コミ

良い評判・口コミ

46歳 男性

素晴らしい対応で良かったです。お任せして、大変良かったと思っております。 引用元:「司法書士法人第七事務所 お客様の声」より

53歳 男性

時間はかかりましたが、誠意ある対応で良かったです。 ありがとうございました。 引用元:「司法書士法人第七事務所 お客様の声」より

69歳 男性

スマホで第七事務所の過払金の案内を見て、ドキドキながら半信半疑で電話をしました。 何回か電話でのやり取りがあり、2社合計で1,225,000円の取戻金がありました。 今ではあの時電話をかけて良かったと思っております。 坂本先生はじめ第七事務所のスタッフの皆様、ありがとうございました。 引用元:「司法書士法人第七事務所 お客様の声」より

64歳 女性

だめもとでお電話した所、ご丁寧に対応して頂き、思いもよらない臨時収入に嬉しいです。ありがとうございました。 引用元:「司法書士法人第七事務所 お客様の声」より

悪い評判・口コミ

63歳 男性

もう少し処理時間が早いのかなって思いました。 そちらの手数料が割と高いですね。 引用元:「司法書士法人第七事務所 お客様の声」より

仕事用のスマホに着信履歴有り。 不在で応答無しですが、会社用なので多分、ランダムに発信?

司法書士法人第七事務所の○○と申します。先ほどインターネットで過払い金診断にお問い合わせいただいたお客様にご連絡させていただいております。ご状況伺いしてご案内できればと思いますので、お手すきの際に折り返しご連絡いただけましたら幸いです。こちらからもまた改めてご連絡させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。失礼いたします。←留守電にあり。こちらからネット問い合わせなんて、したこともない。

ひつこい

適当な電話番号にかけているの? 申込した覚えないのに電話がかかってくる 本当に法律事務所かな?

司法書士法人第七事務所の評判・口コミのまとめ

第七事務所の電話での対応は、丁寧・親切という口コミが多くとても評判が良いです。

しかし一方で、電話でのアプローチがしつこすぎる、時間がかかる、費用が高いという評判も多くみかけます。

特に「問合せをした記憶がないのに頻繁に電話かかってくる」という内容の口コミはほかの事務所ではあまり見かけません。

なぜ、第七事務所はほかの事務所と違って、問合せをしたことのない方へ無差別に電話をかけているのでしょうか。

その謎について、『司法書士法人第七事務所の特徴・特色』で説明します。

司法書士法人第七事務所の特徴・特色

0356431153は第七事務所の5分で簡単にわかる過払い金の無料診断

第七事務所のサービスで特に好評なのが『過払い金スピード診断』です。

『過払い金スピード診断』とは、お住いの地域・返済状況・電話番号のたった3項目を入力するだけで、過払い金がいくら戻るのか、借金がいくら減るのかをわずか5分で診断してくれるサービスです。

平日の日中であればデータ送信後、数分以内に0356431153から着信があり、無料で診断結果を教えてくれます。

忙しくてなかなか過払い金や借金問題について相談をする時間がない方や匿名で過払い金の相談をしたい方には気軽に問合せができるので嬉しいですね。

しかし気軽に問合せができる反面、電話番号の登録間違いなども多く発生していて口コミにもあるように問合せをしていない方へも頻繁に電話がかかっています

0356431153から着信があったが過払い金の無料診断の申込みに心当たりのない方は、折り返し電話をして「過払い金の無料診断には申し込みをしていない」ということを伝えて、今後は連絡をして欲しくないことをきっぱりと伝えましょう。

来所は1度きり、全国対応可

第七事務所は日本全国の方からの相談を受付しています。

しかし、法律により本人確認が義務づけられているので依頼をする場合は、地方に住んでいる方であっても来所をする必要があります。

第七事務所は、東京メトロ日比谷線の小伝馬町駅にしか拠点がないので地方に住んでいる方は時間と交通費がかかってしまいますが、来所するのは1度きりで面談時間も30分で終わります。

面談をしたあとは、電話やメール、郵送でやりとりができますので、頻繁に事務所へ行くことが難しい方には安心して相談できる事務所です。

地方に住んでいる方については、「ご納得いただける料金体系でお待ちしております」と記載がありますので、まずは料金を確認して時間と高額の交通費をかけて来所をするか、ちかくの司法書士・弁護士事務所に依頼する方がよいのか検討されることをおすすめします。

お会いするのは1度だけ!みどり法務事務所で無料相談

\相談は何度でも無料/

借金問題をひとりで抱え込んで大きくしてしまう方はたくさんいます。専門家と言えども、相談しなければ解決はしてくれません。

過払い金請求は早めの手続きが肝心です。みどり法務事務所なら依頼しても過払い金が発生しなかった場合、費用はかかりません

みどり法務事務所のサイトをみる

費用が相場よりも高い

口コミにもあるように第七事務所の過払い金請求や債務整理の費用は相場よりも高く設定されています。

それでは、第七事務所の費用は相場よりもどのくらい高いのか、徹底比較してみました。

第七事務所の過払い金請求の費用を相場と徹底比較

第七事務所 司法書士会の指針 相場
着手金
0円
指針なし
0円
基本報酬
40,000円(1社あたり)
50,000円
2万~5万円(1社あたり)
成功報酬
20%
訴訟によらずに回収した場合 20%
訴訟により回収した場合 25%
20%~25%
事務手数料
20,000円
指針なし
0円

債務整理の費用には基準がなく、弁護士や司法書士は依頼者と協議をして報酬額を自由に決めることが認められています。そのため、過去には何度も費用についてのトラブルが発生していましたので、現在では費用のトラブルを回避するために司法書士会は指針で、弁護士会は規程で報酬の基準を定めています。

基本報酬については40,000円なので司法書士会の指針や相場の範囲内ですが、事務手数料20,000円が設定されていますので基本報酬と事務手数料の合計が指針よりも高くなってしまいます。

この事務手数料の設定が原因で、相談者から「費用が高い」と言われているのでしょう。

過払い金請求・債務整理の費用について詳しくチェック

過払い金請求・債務整理を依頼する前に知っておくべき費用の相場と注意点

司法書士法人第七事務所の費用

過払い金請求

相談料 0円
基本報酬 1社あたり40,000円
事務手数料 1社あたり20,000円程度
過払い金報酬 返還額の20%~

任意整理

相談料 0円
減額報酬 0円
成功報酬 20%~
基本報酬 50,000円
3社受任は1万円割引
以後、1社追加ごとに1万円割引
(ただし、1社のみの場合は6万円)

個人再生

相談料 0円
手続き費用 250,000円~

自己破産

相談料 0円
手続き費用 192,000円~

特定調停

相談料 0円
手続き費用 1社あたり20,000円
費用はご相談内容により異なります。

司法書士法人第七事務所の過払い金請求の流れ

1.まずは、第七事務所へお問合せ

第七事務所のホームページに掲載されている電話番号0356431153へ電話をするか、メールフォームに必要な項目を入力して問合せをします。

電話をかける際には、「ホームページを見て初めて電話しました」と伝えるとスムーズに案内をしてもらえます。

2.面談日を予約します

面談時間は30分くらいです。

電話もしくはメールで質問された情報の確認と、貸金業者との交渉の流れや、交渉にかかる期間、費用について説明を受けます。

第七事務所の方針に納得されて過払い金請求の依頼をする場合は、契約書を取り交わします。

    【面談時に必要なもの】

  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
  • 貸金業者のカードや明細書、契約書など
  • シャチハタ以外の印鑑

3.受任

第七事務所と過払い金請求の契約が成立したら貸金業者へ受任通知を送って、取引履歴の開示請求をします。

借金を返済中の場合は、貸金業者からの請求が止まります。

4.引き直し計算

貸金業者へ受任通知を送って取引履歴の開示請求をすると、2週間~1ヶ月程度で取引履歴が送られてきます。

取引履歴とは、「いつ・いくら借入をして、いつ・いくら返済したか」など契約してから現在までの取引の内容が記載されたものです。

この取引履歴見ながら、利息制限法に基づく引き直し計算をして過払い金がいくら発生しているのかを調査します。

引き直し計算について詳しくチェック

請求前にチェック!過払い金の目安を知る計算方法

5.過払い金の返還交渉

過払い金の調査が終わったら貸金業者へ過払い金の返還請求書を送付して交渉をスタートします。

万が一、過払い金の返還金額や返還時期の交渉がうまくいかなかったら裁判を起こして、裁判上で争います。

6.過払い金の返還

交渉が成立もしくは、裁判で過払い金の返還額と返還時期が確定したら、あとは貸金業者から過払い金が振り込まれるのを待つだけです。

過払い金は第七事務所の銀行口座に振り込まれ、過払い金請求にかかった費用を清算されたうえで依頼者の銀行口座に入金されます。

司法書士法人第七事務所の事務所概要

事務所名 司法書士法人第七事務所
設立年月日 平成30年1月
代表司法書士 坂本孝文
所属司法書士 境光夫
設立 2017年10月25日
代表番号/相談窓口 03-5643-1153
FAX 03-5643‐1154
所在地 〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2番11号 イワサキ第二ビル6階
営業時間 9:30~18:30
休日 土・日・祝日
取扱い業務 過払い金請求・債務整理・相続・登記

さいごに、司法書士法人第七事務所に過払い金請求を依頼する前に事務所選びのポイントをチェック

  • 1.信頼できる事務所か?
  • 2.過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か?
  • 3.過払い金請求のメリットだけではなく、デメリットやリスクもちゃんと説明してくれるか?
  • 4.業務の流れや費用を説明してくれるか?
  • 5.過払い金請求訴訟を提案してくれるか?

1.信頼できる事務所か?

多くの事務所は電話口で過払い金請求の無料相談を受け付けしています。まずは、無料相談だけでもこちらの話をじっくりと聞いてくれて、質問にも的を得た回答をしてくれる、親切で丁寧な対応の事務所かどうか確認しましょう。

事務所によっては、上から目線の対応やぶっきらぼうな対応、説明が不十分なうえに営業をガンガンしてくる事務所があります。そういった事務所がのちのちトラブルが発生する可能性がありますので注意してください。

2.過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か?

司法書士事務所・弁護士事務所は、様々な種類があり得意とする分野や不得意とする分野があります。過払い金請求・債務整理事件の解決には事務所の交渉力が大きく関係しますので、過払い金請求・債務整理を専門としている事務所を選びましょう。

貸金業者は過払い金を返還したくないので、交渉窓口には過払い金請求の知識が豊富な担当を配置して徹底的に争ってきます。専門でない事務所が対応をすると、貸金業者の交渉に言いなりになってしまい返還金額が大きく減額されます。

過払い金請求を専門としている事務所は、貸金業者が主張する争点にも対抗できる知識や交渉力を持っています。より多くの過払い金請求を取り戻しすためには、過払い金請求を専門にしている事務所を選ぶと良いでしょう。

また、事務所の交渉力を確認するためには、無料相談の際に依頼する貸金業者の回収率を聞いてください。できれば、実際に和解交渉をしている担当者に聞いた方が良いです。

なぜかと言いますと、特に大手の事務所は業務効率化のために分業制にしています。事務所の印象を良くして受任件数を増やすために、相談業務については、ハキハキとした明るい人材を配置しています。

しかし、実際に過払い金請求の交渉をするのは、交渉担当者です。この交渉担当者が弱気な人であれば、カード会社の強気の姿勢に負けてしまい回収金が減ってしまいます。自分の過払い金請求を安心して任せられる人かどうかを知るために、交渉担当者から直接話を聞くと良いでしょう。

3.過払い金請求のメリットだけではなく、デメリットやリスクもちゃんと説明してくれるか?

過払い金請求は過去に払い過ぎた利息を取り戻すという大きなメリットだけではありません。メリットの裏にはデメリットやリスクが隠れています。

過払い金請求をする消費者金融やクレジットカードは、いったん解約扱いになります。

返済中の消費者金融やクレジットカードの過払い金請求をする場合は、発生している過払い金が借金の金額よりも多ければ信用情報はブラックにはなりません。しかし、発生している過払い金が借金の金額よりも少なければ任意整理となり、信用情報はブラックになります。

信用情報がブラックになると5年間は情報が載ったままになりますので、過払い金請求をしなかったカードの利用ができなくなったり、新たにローンを組むことが難しくなります。

信用情報はブラックになっても借金の総額や返済額を減額できる大きなメリットがありますので、返済中の借金を過払い金請求したほうが良いのか、その場合に発生しうるデメリットやリスクをちゃんと説明してくれるのかを確認しましょう。

過払い金請求・債務整理のリスクやデメリットについて詳しくチェック

過払い金請求のリスク・デメリットを回避する方法

4.業務の流れや費用を説明してくれるか?

過払い金請求の相談をした際に、業務の流れや費用の説明が不十分なままに取り敢えず契約を促してくる事務所があります。そういった事務所は、事件の処理を放置したり、費用を思った以上に取られたりとのちのちトラブルが発生しますので注意をしてください。

費用の基本料・成功報酬料・実費の設定は事務所によって違います。契約前にきちんと業務の流れが理解でき、過払い金請求にかかる費用の内容に納得できてから契約すると後のトラブルは防げます。

過払い金請求・債務整理の費用について詳しくチェック

過払い金請求・債務整理を依頼する前に知っておくべき費用の相場と注意点

5.過払い金請求訴訟を提案してくれるか?

過払い金請求が増えたことにより年々、貸金業者の経営状態は悪化しています。過払い金請求が原因で破綻した貸金業者も数多くあります。そのため、近年、任意交渉ではなかなか過払い金を取り戻すことが難しくなっています。依頼者の事を考え過払い金をより多く取り戻すために過払い金請求訴訟を前提に受任してくれる事務所か確認しましょう。

しかし、訴訟提起をすると追加で費用がかかったり、解決までに時間がかかったりするケースがあります。貸金業者の傾向をしっかりと把握して訴訟を起こすメリット・デメリットを説明してくれる事務所を選ぶとよいでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い司法書士・弁護士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1として紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所を展開。該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も対応可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還額累積90億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家。秘密厳守で親切・丁寧な対応が、選ばれる理由です。事務所は、東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。相談者に寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にのみ、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、他の大手の法律事務所と異なり、安心の全国対応に加えて、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事