【過払い金請求で損をしたくない人必見!】過払い金の引き直し計算の注意点①

【過払い金請求で損をしたくない人必見!】過払い金の引き直し計算の注意点①

取引履歴が手元に届いたら、まずは、下記内容をチェックしましょう。

  • 初回取引が返済からスタートしてないか?(途中開示)
  • 初回取引の貸付金と初回取引の貸付後の残高が一致しているか?(途中開示)
  • 完済後に再度借入してないか?

途中開示の場合

初めて借入をするときは、借金残高はゼロです。冒頭部分に残高が残っている取引履歴を貸金業者が提出してきた場合は、取引履歴途中から開示してきたことがすぐにわかります。

届いた取引履歴が途中開示の場合の計算方法は2つあります。

  • 冒頭ゼロ計算
  • 推定計算

冒頭ゼロ計算

途中開示の場合、届いた取引履歴のまま計算すると、通常、過払い金は少なく算出されます。そのため、過払金の額をできる限り、取引履歴が全部提出された場合に近づけるために、開示されている取引履歴の冒頭部分に記載された借入残高を0円に変更して、引き直し計算を行います。その結果、冒頭部分の残債務は本来返済すべき債務であるのに、それをゼロにしてしまうので、残債務を残したまま引き直し計算を行う場合と比較して、必ず過払金の額は多く算出されます。

推定計算

この計算方法は、「冒頭ゼロ計算」よりもハードルが高いです。本人の記憶、手元に残っている契約書やATMの明細、振込明細、銀行口座の内容などを参考に、取引を再現して引き直し計算をする方法です。

完済後に再度借入していた場合

1回目の取引と2回目の取引をひとつの取引(一連取引)として考えるか、別々の取引(分断取引)として考えるかで、過払い金の算出額が変わってきます。

一連取引として計算すると、分断取引として計算するよりも過払い金の算出額は増えます。なぜなら、1回目の取引で発生した過払い金を、2回目の取引の借入に充当することができるからです。また、1回目の取引の終了時期が10年以上前の場合、過払い金請求権の消滅時効は10年なので、分断取引として計算すると1回目の取引は消滅時効が成立してしまい、2回目以降の取引しか過払い金請求はできません。そのため、一連取引として計算すると消滅時効は発生しないので一連取引として計算する方が分断取引よりも過払い金の算出金額は増えます。

「一連取引」か「分断取引」かの判断方法

貸金業者は、できるだけ自身に有利な方法で主張をしてきますので「分断」を主張してきます。しかし、少しでも多くの過払い金を取り戻せる「一連取引」で計算する判断のポイントをまとめてみました。

  • 完済から借入までの空白期間の長さ
  • カードの失効の手続き
  • 完済時の契約書の返還の有無
  • 2回目の契約の内容(1回目の契約内容との違い)

「1回目の完済後のカードの失効手続きがされておらず、いつでも借り入れができる状況だった」、「2回目の契約内容が1回目の契約内容と同一で、契約更新の性質が強い」といった場合は、同一の取引として一連計算を主張できる可能性はあります。 しかし、上記の場合、空白期間が1年以上空いている場合には、一連取引としての主張は厳しいです。また、同一の基本契約書に基づく借入であっても空白期間が2~3年以上の場合は、一連取引を否定される可能性があります。

取引履歴に争点があった場合

「一連取引」か「分断取引」かは、過払い金請求をするうえで、最もメジャーな争点の一つです。また、途中開示の場合の推定計算もかなり複雑です。また、裁判を起こさないと解決しない場合もありますので、弁護士・司法書士のような専門家に依頼することをオススメします。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

司法書士法人杉山事務所
過払い金の着手金が0円!

杉山事務所

週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO.1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金があるかわかるメール相談のみの利用もOK!

フリーダイヤル 0120-066-018
お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 過払い金の着手金:0円
相談実績:3000件/月
家族にバレない匿名診断
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

みどり法務事務所
相談は何度でも無料

司法書士法人みどり法務事務所

東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

フリーダイヤル 0120-837-032
お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 過払い金返還実績:90億円
相談実績:月500件
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

年末年始や祝日に関係なく、1年間365日24時間いつでもメールまたは電話での相談ができるのは最大の特徴。深夜でも土日でも対応可能です。また、債務整理専属のスタッフ60名がフルサポートする体制を整えていますので、依頼後のちょっとした不安や悩みも相談しやすい環境が整っています。

お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 相談実績:24万件以上
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

借金減額診断!
リスクなしで借金を減らせるか診断

減額診断

司法書士法人みつ葉グループが運営する国が認めた借金減額方法!年中無休365日、家族にばれずに診断可能!借金問題解決のプロが親身に対応。

借金減額診断 診断はこちら
特徴 診断料:0円
女性相談員対応可能
24時間受付対応
診断料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

コメントを残す